クラミジアとは

クラミジアで浮気や風俗通いがバレる?心当たりがない感染はパートナーが原因かも

更新日:

主な感染経路がセックスであるクラミジア。感染者のほとんどは心当たりがあるはずです。しかし中には全く見に覚えがなく、ただ一人のパートナーとしかセックスしていないという人も少なくありません。

もしも特定の相手しか居ない場合、その人からクラミジアをうつされた可能性があります。ではパートナーはどこで感染したのでしょうか。過去の相手?それとも・・・。

ここではパートナーがクラミジアに感染してしまった原因について考察していきます。自分自身が感染源になってしまうこともあるので、不特定多数と関係があるという人も他人事ではありませんよ。

パートナーがクラミジアに感染。考えられる原因は浮気か風俗!

恋人に隠れて他の女性に手を出す男性

「おりものが増えておかしいと思ったらクラミジア。でも彼としかセックスしてない!」
「尿道から膿が・・・。クラミジア陽性だったけど、彼女とはお互い初体験だったはず。」

自分には全く身に覚えがないクラミジア感染。原因を考えてみるとやはりパートナーからうつされた疑いが濃厚ですよね。そのような場合に真っ先に思い浮かぶのは浮気風俗なのではないでしょうか。

もしもお互いクラミジアの菌を保有してないのであれば、急にどちらかが感染するということはありません。クラミジアの菌は人の体の外に出ると途端に死滅するほど弱い菌なので、可能性はゼロではないもののセックス以外でうつることはほぼないのです。

浮気や風俗通いが原因でクラミジアになっても、それを正直に話すという人は少ないと言えます。パートナーがどこからかもらってきた菌をうつされた場合、そのことがきっかけで浮気に気付くというケースも珍しくはないでしょう。

風俗はクラミジアの感染率がとても高い

浮気が原因で性感染症にかかることも多いのですが、最も感染する確率が高いのは風俗です。風俗店は衛生面にも配慮している店舗がほとんどですが、働いている女性たちが性感染症にかかっていないとは断言できません。

風俗店で働く女性たちは定期的に検査を受けていることも考えられますが、多くの男性客の相手をしているため、いつクラミジアなどの性感染症を発症するかわからないのです。

そういったこともあり、風俗店を利用した男性がクラミジアをうつされる可能性はかなり高いと言えます。もちろん可能性が高いだけで必ずうつるというわけではありません。

まずは検査と治療を行いましょう

交際相手や夫、妻からクラミジアをうつされた可能性があれば、とりあえず検査を受けてみることが大切です。もちろん感染源かもしれない相手にも検査を受けてもらう必要があります。

現在ではクラミジアの治療薬を通販で買うこともできるので、治療から始めるのも悪くありません。早めに薬を飲んでおけば症状が悪化してしまうことを防げるため、症状に気付いたらジスロマックジェネリックなどの薬を取り寄せてみるといいでしょう。

浮気していなくても感染した。そんなことってあるの?

背中合わせで喧嘩するカップル浮気や風俗通いを疑ってパートナーを問いただしても、正直に事実を話してくれるものなのでしょうか。もしかすると嘘をついているかもしれませんよね。浮気や風俗はやはり後ろめたいものなので、断固として認めないことも考えられます。

しかし、実は浮気や風俗通いをしていなくてもクラミジアになってしまうことがあります。その場合はもちろんパートナー自身にも心当たりはないため、お互いを疑うことに繋がってしまうのです。

本当に稀ではありますが、所謂「童貞」や「処女」であってもクラミジアに感染する可能性はあります。その原因は銭湯(温泉)のイス、タオルなどです。また、トイレで感染することも少なからずあるようです。

こうした原因で感染するケースはクラミジア感染者の中でも本当に珍しく、奇跡に近いほどに低確率なのですが、浮気や風俗以外の原因として考えられるものの1つとして覚えておくといいですよ。

過去の感染が原因かも

交際を始めてから一度も他の人と肉体関係を結んでいないなら、温泉などでクラミジアに感染したことも考えられるのですが、実は過去に感染していたのにこれまで気付かなかったということにも注目してみましょう。

男性がクラミジアに感染すると女性よりも症状が顕著に現れます。しかしそれは一般的に言えることです。例外もあります。感染に気付かずそのまま交際を始め、後々感染が発覚することも考えられるでしょう。

また、女性は症状が現れにくいことが多いため、男性よりも感染に気付きにくいと言えます。そのため交際してからクラミジアになったという風に勘違いしてしまい、見に覚えのない浮気を疑われることになるのです。

感染が発覚したら正直に話すことをオススメします

机を挟んで話し合う男女浮気や風俗通いが事実でもそうでなくても、クラミジアに感染したことが発覚したのであれば、速やかに治療を受けなければいけません。なぜならクラミジアは自然に治るものではないからです。

確かに後ろめたい気持ちがある場合、クラミジアに感染したことを伝えるには勇気が要ります。しかし黙ったままだといずれ大切なパートナーにも感染してしまうかもしれません。

パートナーの浮気を疑っているという立場の人も同様のことが言えます。怒る気持ちもあるでしょうが、まずは症状をしっかり改善させることを優先させましょう。

パートナーの体を守ることにも繋がる

自分がクラミジアに感染していれば、セックスをした相手にもうつっている可能性は十分にあります。そのためこっそり治療してもパートナーは感染したままです。いつかは症状に気付くかもしれませんが、理想的な対応だとは言えませんよね。

クラミジアは不妊の原因にもなりますし、もし妊娠しても赤ちゃんにうつってしまうリスクがあります。パートナーを大切に思うなら話し合いをした上でお互いに治療を受けることが大切です。

ジスロマックという薬なら一度服用するだけでクラミジアを治せます。病院で治療を受ける際に処方されることが多い薬ですし、アジーというジスロマックジェネリックなら通販で購入することも可能なので、早急に治療を行いたいときには便利です。

再感染を防げる

クラミジアであることをパートナーに伝えることで、お互いがしっかり治療を行えます。どちらか一方が治療によってクラミジアを完治させても、もう一方が感染していれば再び菌がうつるので、再感染を防ぐためにも2人一緒に治療しましょう。

パートナーの浮気や風俗通いに気付いたときも、まず先に治療を優先させ、クラミジアを完治させることが理想的です。

クラミジアの人気治療薬TOP3

クラミジアは感染力が高い病気ですが、早めに治療することでしっかり治せます。通販で購入できるクラミジア治療薬に注目してみましょう。人気商品のランキングはこちら!

アジー

性病治療薬アジーの写真

インドのシプラ社が製造・販売しているアジーは、日本国内の病院で処方されることが多いジスロマックのジェネリック医薬品です。クラミジア治療薬の中では最も効果が高いとされています。たった一度飲むだけでクラミジアを治せるという点が魅力的なお薬です。
クラミジア以外にも、淋病や梅毒などの治療にも向いています。

レボフロックス

性病治療薬レボフロックスの写真

ジスロマックに次いで処方されることが多いクラビット。そのジェネリック医薬品として注目されているお薬がレボフロックスです。クラビットと有効成分が同じなので、効果は変わりません。
クラビットはアジーと同じくインドのシプラ社が製造・販売しています。1箱に100錠入っているためコスパが高いお薬です。

レボクイン

性病治療薬レボクインの写真

レボフレックスと同じくクラビットのジェネリックであるレボクインは、250mgと500mgがあります。より高い効果を求めているなら500mgを選択するのがオススメ!
こちらのお薬もインドのシプラ社で製造・販売されています。インド国内では大手製薬会社として知られているメーカーなので、安心してご購入いただけます。

-クラミジアとは

Copyright© クラミジアの薬は通販で買おう , 2018 All Rights Reserved.