クラミジアの治療薬

クラミジアと淋病は同じ薬で治療できる?ジスロマックで治せる病気とは

更新日:

もしもクラミジアに感染してしまった場合、ジスロマックを服用すれば症状を改善させることができます。

しかしクラミジアと同じように感染力が高い病気である「淋病」にも注意が必要です。淋病はクラミジアに次いで感染が広がっていますが、適切な治療を受ければ完治する病気なので、早めの対策を行いましょう。

ここではクラミジアと淋病の関係性、そして治療方法などを解説していきます。

ジスロマックはクラミジアと淋病のどちらにも効果的な薬

異なる2つのハートを持つ様子クラミジアの治療に用いられるジスロマックは、1000mgを一度に服用すればしっかりと菌を死滅させる効果が得られます。完治までには数週間かかりますが、クラミジアを確実に治すためにはジスロマックが最も効果的な薬です。

ただ、ジスロマックは性感染症の1つである「淋病」にも効果があります。淋病は本来抗生物質(セフトリアキソンやスペチクノマイシン)の注射によって治療する方法が一般的ですが、薬の服用で治すことも可能です。

クラミジアと淋病は併発する可能性大

性行為によって感染するクラミジア。感染力がとても高いことに加え、自覚症状が現れにくいという点が特徴的です。
万が一クラミジアに感染した場合、すぐに治療を行うことも大切ですが、別の感染症にかかっている可能性もあります。

淋病はクラミジアと併発することが多い性感染症です。クラミジアよりも症状の進行が早いため、感染してすぐに気付く人も居ますが、気付かずに症状を放置してしまう人も少なくありません。

しかしどちらに感染していても早期治療は必要不可欠です。自然治癒はありえないため、適切な治療を行わなければ治りません。それどころかHIV(エイズ)に感染するリスクが格段に高くなってしまいます。

同時に治療するならジスロマックが最適

クラミジアと淋病を併発しても、まとめて治療を行うことができます。その際にはジスロマックの服用が主流です。

淋病は耐性菌(薬が効きにくい菌)が多く、飲み薬での治療は容易ではないという厄介な特徴があるのですが、ジスロマックへの耐性を持つ菌は少ないことが分かっています。そのため安心して治療を行えるのです。

ただ、薬を飲めば必ず完治するという保証はありません。薬を服用しても症状が良くならない場合、菌が耐性を持ってしまっている可能性が考えられます。その際には別の治療を受けなければいけないこともあるため、できるだけ早めに病院を受診しましょう。

淋病ってどんな病気?クラミジアとの違いは?

淋病の原因菌は「淋菌」です。クラミジアは「クラミジア・トラコマティス」が原因菌なので、全く異なる感染症であることが分かるでしょう。

併発する可能性が高いこの2つの感染症。原因菌は違うものの、見分けることは簡単ではありません。
それぞれの特徴を図で比較してみましょう。

クラミジアと淋病の比較図

淋病はクラミジアよりも症状が重くなりがちなのですが、どちらも自覚症状が現れにくいため、感染してもしばらくは気付かないケースが多くなっています。

2つの病気の症状はとても似ている

実はクラミジアと淋病の症状はとてもよく似ています。それは感染部位がほとんど同じだからです。

2つの感染症の原因菌は性器肛門に感染するという共通点があります。原因菌が各部位に感染することで起こる症状は似ているため、病院を受診しても問診だけでは区別がつきません。

併発している場合の治療薬としてジスロマックは有効ですが、淋病だけに感染していても同様の方法で治すことが可能です。

性器に感染している場合は喉への感染も疑おう

鏡を見ながら喉を押さえている男性クラミジアも淋病も粘膜感染(粘膜同士の接触で感染するもの)で、特に性器への感染が多く見られます。しかしその場合は喉にも菌がうつっていることがあるため注意が必要です。

咽頭クラミジア・咽頭淋病は性器よりも時間をかけて治療しなければ完治しません。ジスロマックで治療を行う場合、症状が軽いうちであれば完治の可能性は高くなりますが、悪化すると重症化することもあるので、咽頭に感染しているなら点滴治療などを受けることをおすすめします。

細菌による感染症ならジスロマック

クラミジア・淋病のどちらにも効果的な治療薬はジスロマックです。しかしそれだけではありません。細菌が体内に侵入することで起こる感染症の多くに効果を発揮してくれます。

・尿道炎
・副鼻腔炎
・歯周病
・扁桃炎
・肺炎
・皮膚炎(皮膚感染症)

これらの疾患の治療時にもジスロマックが処方されることがあるのです。性感染症でなくても多くの疾患に効果があるため、万能薬のような存在だと言えるでしょう。
アジーという薬もジスロマックと同様の効果を持っていて、価格が安いことから通販で購入する人が多くなっています。

ウイルスには効かない

ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは、副作用が少ないという安全性も兼ね備えています。抗菌効果は高いため、クラミジアや淋病はもちろん、その他の感染症の治療に用いられることも少なくありません。

しかしインフルエンザなどのウイルスには効果がないため、ウイルス性感染症にかかった場合は専門的な治療を受けるようにしましょう。
炎症を抑えるためには効果的かもしれませんが、ジスロマックを服用することでウイルスを撃退する効果は得られません。

クラミジアの人気治療薬TOP3

クラミジアは感染力が高い病気ですが、早めに治療することでしっかり治せます。通販で購入できるクラミジア治療薬に注目してみましょう。人気商品のランキングはこちら!

アジー

性病治療薬アジーの写真

インドのシプラ社が製造・販売しているアジーは、日本国内の病院で処方されることが多いジスロマックのジェネリック医薬品です。クラミジア治療薬の中では最も効果が高いとされています。たった一度飲むだけでクラミジアを治せるという点が魅力的なお薬です。
クラミジア以外にも、淋病や梅毒などの治療にも向いています。

レボフロックス

性病治療薬レボフロックスの写真

ジスロマックに次いで処方されることが多いクラビット。そのジェネリック医薬品として注目されているお薬がレボフロックスです。クラビットと有効成分が同じなので、効果は変わりません。
クラビットはアジーと同じくインドのシプラ社が製造・販売しています。1箱に100錠入っているためコスパが高いお薬です。

レボクイン

性病治療薬レボクインの写真

レボフレックスと同じくクラビットのジェネリックであるレボクインは、250mgと500mgがあります。より高い効果を求めているなら500mgを選択するのがオススメ!
こちらのお薬もインドのシプラ社で製造・販売されています。インド国内では大手製薬会社として知られているメーカーなので、安心してご購入いただけます。

-クラミジアの治療薬

Copyright© クラミジアの薬は通販で買おう , 2018 All Rights Reserved.