クラミジアとは

クラミジアが完全に治るまでにはどれくらいの期間が必要?

更新日:

性感染症であるクラミジアは、菌が体内に侵入することで発症します。治療には抗菌効果を持つ薬が用いられ、1回飲むだけのタイプと複数回飲むタイプのどちらも効果的です。ここで気になるのは薬を飲んでからどれくらい経てばクラミジアが治るかということ。

治療が完了するまでにはどれくらいの日数が必要なのか、こちらで確認してみましょう。

クラミジアが完治するまで約1ヶ月かかる

砂時計と散らばったカレンダークラミジアの症状が進行している程度などの違いで、完治するまでに必要な期間には個人差がありますが、およそ1ヶ月程度かかると考えて良いでしょう。

クラミジアの治療薬を服用すると、7~10日効果が持続します。その間に菌は増殖・分裂を抑制されるのです。しかしその時点では完治とは言えません薬の効果が切れた後、約2~3週間は様子を見る必要があります。

その理由は、薬を飲んですぐ検査をすると菌は検出されないことがありますが、潜伏状態だった場合は再び症状が現れてしまうためです。

最も便利で効果的な治療薬

1回服用するだけで10日間の持続効果を発揮してくれる薬がジスロマックです。クラミジアの治療を行う際にはよく使用されています。また、アジーという薬はジスロマックと同じ有効成分であり、クラミジアの治療に最適です。

アジーは通販で購入することが出来ます。性行為をする以上は誰にでも感染のリスクがあるので、念のため入手しておくと感染時にすぐ治療を行えます。

治療が長期化するケース

抗菌作用を持つ治療薬を服用することでクラミジアの治療を行えば、9割以上の確率で完治します。しかし症状が進行していたり薬の服用方法を間違えていたりすると、クラミジアの菌は死滅することなく体内に留まってしまうのです。そうなれば治療は長期化します。

性器以外の器官に感染している場合も同じです。ジスロマックは咽頭クラミジアにもその効果を発揮しますが、喉は性器よりも薬が効きにくいため、1ヶ月以上を経て完治したことを確認しなければいけません。他の性感染症を併発していればそれに合わせて治療法を変更することもあります。

完治とは菌が全て居なくなること

抗菌を表すイラストクラミジアの菌はジスロマックなどの抗菌薬で死滅しますが、服用してすぐに全ての菌が死滅するわけではありません。菌が少なくなっていれば検査結果が陰性になる可能性があるのですが、安心するにはまだ早いのです。

病院のほとんどは薬の服用を始めた日から約1ヶ月後に検査を行います。そこで陰性であればようやく完治したと認められるのです。

現在では通販サイトでクラミジアの検査キット治療薬を購入出来るようになりました。病院を利用せずに検査と治療が行えるため、そこまで危機感を抱く必要はないと考える人も多いでしょう。しかし治療が不十分であれば何度でも症状は繰り返されます。

薬を飲んだらすぐ治るわけではない!

クラミジアの治療期間について調べてみると、1週間程度で完治すると紹介されていることがあります。しかしこの1週間というのは薬の効果が発揮される期間であり、完治とは言えません。

ジスロマックは1000mgで10日間の持続効果がありますが、確実な完治を目指すなら、服用してから約1ヶ月はクラミジアの感染リスクがある行為を避けましょう。

どうやって治ったことを確認するの?

菌が確実に死滅したことを確認するためには、感染を確認する際と同じ検査を再び行います。病院でも検査は行ってもらえますが、検査キットがあればそれを使用するのも有効です。

治療薬の持続効果が切れてから最短でも3週間後に検査を行い、陰性であることを確かめましょう。もし陽性反応があれば治療薬を再び服用する必要があります。

クラミジアの治療時に注意すべきポイント

複数の錠剤を持つ手治療薬さえ飲めば治せるクラミジア。しかし治療する際のルールをしっかり守らなければ症状はなかなか改善されず、治療期間が伸びてしまいます。
薬を飲んでも治らない!」という場合、誤った方法で治療を行ったことが原因かもしれません。クラミジアを治療する際には以下の3つのポイントを押さえておくと安心です。

飲酒は控えた方が良い

日常的にアルコールを摂取していても、ジスロマックなどを服用している間は飲酒を控えるようにしましょうアルコールは薬の効果を半減させてしまう恐れがあります。

薬が100%の効果を発揮出来ないと菌に耐性がつくことも考えられるでしょう。可能な限り飲酒を控え、薬の効果を下げないように気をつけることが大切です。

性行為は避けましょう

ジスロマックは10日間という長い期間効果が続きます。この期間中は性行為をしてはいけません。なぜなら菌が死滅していない可能性が高いからです。
また、薬を飲み始めから約1ヶ月は菌が体内に残っているかもしれないため、その間はなるべく性関係を持つことを避けるようにしましょう。もし特定のパートナーが居るなら、その相手にも同じ治療を受けてもらうことで再感染を予防出来ます。

用法用量を厳守!

ほぼ全ての医薬品は用法・用量が定められています。ジスロマックも例外ではありません。クラミジアを治療するために服用するなら、1000mgを1回で飲む必要がありますが、自己判断で用量を変更すると効果を十分に発揮出来ないのです。
ジェネリックであるアジーも同じ用法・用量なので、服用時は必ず定められたルールを守るようにしましょう。

クラミジアの人気治療薬TOP3

クラミジアは感染力が高い病気ですが、早めに治療することでしっかり治せます。通販で購入できるクラミジア治療薬に注目してみましょう。人気商品のランキングはこちら!

アジー

性病治療薬アジーの写真

インドのシプラ社が製造・販売しているアジーは、日本国内の病院で処方されることが多いジスロマックのジェネリック医薬品です。クラミジア治療薬の中では最も効果が高いとされています。たった一度飲むだけでクラミジアを治せるという点が魅力的なお薬です。
クラミジア以外にも、淋病や梅毒などの治療にも向いています。

レボフロックス

性病治療薬レボフロックスの写真

ジスロマックに次いで処方されることが多いクラビット。そのジェネリック医薬品として注目されているお薬がレボフロックスです。クラビットと有効成分が同じなので、効果は変わりません。
クラビットはアジーと同じくインドのシプラ社が製造・販売しています。1箱に100錠入っているためコスパが高いお薬です。

レボクイン

性病治療薬レボクインの写真

レボフレックスと同じくクラビットのジェネリックであるレボクインは、250mgと500mgがあります。より高い効果を求めているなら500mgを選択するのがオススメ!
こちらのお薬もインドのシプラ社で製造・販売されています。インド国内では大手製薬会社として知られているメーカーなので、安心してご購入いただけます。

-クラミジアとは

Copyright© クラミジアの薬は通販で買おう , 2018 All Rights Reserved.