クラミジアとは

クラミジアはセックスで必ずうつる?感染経路に注目!

更新日:

細菌やウイルスに感染するリスクは誰もが抱えています。感染者と同じ空間に居るだけでうつる病気もあるため、予防策を立てておくことが必要です。

しかし感染症の1つであるクラミジアの菌は空気中に漂っているわけではなく、粘膜と粘膜の接触によって体内に侵入します。そのため主な感染経路は性行為です。うがい・手洗いで予防出来る病気とは違い、性関係を結ぶ以上は感染する可能性が高いと言えます。

考えられるその他の感染経路についてもしっかり確認してみましょう。

避妊をしないと感染リスクが高くなる!

コンドームのイラストコンドームは避妊具として使用されるアイテムです。妊娠を防ぐ目的で使用されることが多いのですが、コンドームを装着することで粘膜同士が直接的に接触せず、クラミジアなどの性感染症を予防する効果も得られます

このことから分かるように、避妊をしないで性行為をするとクラミジアの感染率は格段に高くなってしまいます。子作りのための性行為で感染し、妊娠してから感染が発覚するというケースも珍しくないため、早めに治療しておくようにしましょう。

クラミジア以外の性感染症にも注意しよう

性行為によって感染するのはクラミジアだけではありません。梅毒淋病トリコモナス症などにも注意する必要があります。

一昔前とは異なり、性感染症の多くは完治させられる病気になっているため、治療自体はとても簡単です。しかしだからと言って楽観視すべきではありません。これらの性感染症はHIV(エイズ)に感染するリスクを高めることが明らかになっています。HIVは症状の進行を抑えることは出来ても、完治させることは現代の医療技術において不可能です。

性感染症にかかってからすぐに治療を行うことも重要ですが、出来る限り感染リスクを高める行為は避け、健康的な体を守る意識を持つことこそが感染を予防する第一歩になります。

キスだけなら性感染症にかかる心配はない?

キスをする外国人カップル性感染症に対して「セックスをしたらうつる」と考えている人は多いでしょう。もちろんそれは間違いではありません。

ただしキスやオーラルセックスも感染経路の1つです。クラミジアは性器以外の器官に感染することがあり、特に喉への感染は性器の次に多いものとなっています。クラミジアの感染者とのキス、またはオーラルセックスにより喉の粘膜に菌がうつり、咽頭クラミジアを発症することは十分に考えられるのです。

性行為に至らなくてもクラミジアの菌がうつる可能性はあります。

性行為以外でうつることは珍しい。でも可能性はゼロじゃない!

キスやオーラルセックスも粘膜の接触に当たるため、クラミジアの感染経路になります。それでは性行為以外で感染することはないのでしょうか?その答えはNOです。

クラミジアの病原菌は人の体内で増殖・分裂しながら数を増やしていきます。しかし体外に出るとすぐ死滅してしまうほどに弱い存在です。そのため粘膜同士の接触以外では感染する可能性が低いのですが、銭湯などで感染する人も居ます。菌を含む分泌物(おりものなど)が付着した箇所に座ったりして、直接的ではないにしろ粘膜に感染するケースがあるのです。

赤ちゃんに感染してしまう可能性

外国人赤ちゃんの横顔クラミジア感染者の男女比率は年齢により違いがありますが、10代後半~20代にかけて、女性の割合が多くなっています。若年層の感染者が増加する中、自覚症状が現れにくい女性は特に注意が必要です。

20代で結婚・出産する人も多いでしょう。しかしクラミジアに感染したまま妊娠・出産することは危険です。なぜならクラミジアの菌はお腹の中の赤ちゃんにも感染する可能性があります。自然分娩の場合、赤ちゃんが産道を通る際に菌が目や喉に感染してしまうのです。

赤ちゃんへのクラミジア感染を予防するには、出産前にしっかりと治療を行う必要があります。子作りをする前に、クラミジアに感染していない状態であることが理想的です。

治療したのにまた同じ症状が・・・クラミジアって再発するの?

クラミジアに感染した場合、またはその疑いがある場合、ジスロマックなどの薬を服用して治療する必要があります。薬に含まれる抗菌作用によって菌は死滅するので、症状も改善されることがほとんどです。
ただ、ごく稀に治療を終えた後でも時間を経て再び同じ症状が現れることがあります。多くの人は再発を疑うでしょう。しかしクラミジアの菌が確実に死滅したなら、再発することはありません

ではなぜ同じ症状が現れるのでしょう。それは治療が不完全だったことが原因です。
クラミジアの治療薬はそれぞれ用法用量が異なるものですが、自己判断で服用する量を変えるなどして、十分な治療効果が得られなかったことも考えられます。

また、感染したのがクラミジアではなかったことも疑うべきです。症状が似ている他の感染症だったという場合は別の治療薬を試す必要があります。

パートナーがクラミジアになったら

女性の方を抱く男性と寄りかかる女性「特定のパートナーとしかセックスをしていないから大丈夫」
そう考えている人も居るかもしれません。不特定多数の人と性関係を結ぶと、それだけでクラミジアに感染する可能性は格段に高くなります。

しかしただ1人のパートナーがクラミジアに感染している場合、自分に心当たりがなくても感染してしまうことがあります。風俗通いや浮気などを疑うことにもなるでしょうが、まずはお互いに治療が必要です。

先に感染した方だけ治療しても性行為で再び感染するので、必ず一緒に治療するようにしましょう。通販を利用すればジスロマックのジェネリックであるアジーなどの治療薬を手軽に購入出来ます。

クラミジアの人気治療薬TOP3

クラミジアは感染力が高い病気ですが、早めに治療することでしっかり治せます。通販で購入できるクラミジア治療薬に注目してみましょう。人気商品のランキングはこちら!

アジー

性病治療薬アジーの写真

インドのシプラ社が製造・販売しているアジーは、日本国内の病院で処方されることが多いジスロマックのジェネリック医薬品です。クラミジア治療薬の中では最も効果が高いとされています。たった一度飲むだけでクラミジアを治せるという点が魅力的なお薬です。
クラミジア以外にも、淋病や梅毒などの治療にも向いています。

レボフロックス

性病治療薬レボフロックスの写真

ジスロマックに次いで処方されることが多いクラビット。そのジェネリック医薬品として注目されているお薬がレボフロックスです。クラビットと有効成分が同じなので、効果は変わりません。
クラビットはアジーと同じくインドのシプラ社が製造・販売しています。1箱に100錠入っているためコスパが高いお薬です。

レボクイン

性病治療薬レボクインの写真

レボフレックスと同じくクラビットのジェネリックであるレボクインは、250mgと500mgがあります。より高い効果を求めているなら500mgを選択するのがオススメ!
こちらのお薬もインドのシプラ社で製造・販売されています。インド国内では大手製薬会社として知られているメーカーなので、安心してご購入いただけます。

-クラミジアとは

Copyright© クラミジアの薬は通販で買おう , 2018 All Rights Reserved.